MENU

歯列矯正症例紹介|歯列矯正なら自由が丘矯正歯科クリニック(東京)

無料 資料請求

診療相談予約

症例紹介(あなたの歯並びはどのタイプ?)

出っ歯

噛み合わせた時に上の前歯の角度が外側に傾いている状態です。口唇をとじる力が弱く、上手に飲み込めずに舌が歯を内側から押す動きで飲んだり食べたりしていると歯が押され、出っ歯になってしまいます。

八重歯

上の歯では犬歯が最後に生え変わるので、生える隙間がない場合に八重歯になります。日本では八重歯は可愛いとも言われますが、欧米では、ドラキュラ、悪魔、魔女を連想させ、忌み嫌われています。

凸凹

専門用語では叢生といいます。歯がまっすぐにならんでおらず、凸凹と歯が並んでいる状態をいいます。歯の大きさに対して、歯が生えている骨の幅が足りない事によっておこります。

受け口

専門用語では下顎前突、反対咬合といいます。噛み合わせた時に下の顎が上の顎より前側にあることをいいます。遺伝や歯の角度など、主に3つの原因が考えられています。

開咬

奥歯は咬んでいるのに、上下の前歯は全く当たっていない状態です。 英語ではopen biteといいます。口呼吸、舌の癖など、歯の周りを取り囲む軟組織の不調和で起こります。

上下顎前突

口を閉じる時に、無理に力を入れないと閉じない方はいらっしゃいますか?  口を閉じたけれども、おさるさんの様に口元がもこっとしている状態のことを上下顎前突といいます。

過蓋咬合

過蓋咬合と書いてカガイコウゴウと読みます。通常理想のかみ合せは下の前歯の上部3分の1から4分の1程度が上の前歯で覆われている状態です。 開咬とは正反対に、噛み合わせが深すぎる症例の事をさします。

空隙歯列(すきっぱ)

専門用語では空隙歯列といいます(漢字からどんな雰囲気なのか想像できますね)。  歯と歯がくっついていなくて、隙間のある状態をいいます。

シフト

噛み合わせが左右にずれている状態です。奥歯を噛み合わせたときに上下のまん中がずれていたり奥歯の噛み合わせが左右にずれている状態です。

年代別の症例紹介

小学生の歯列矯正

小学生で歯列矯正を行った患者さんの体験談・症例を詳しく紹介します。

中学生の歯列矯正

中学生で歯列矯正を行った患者さんの体験談・症例を詳しく紹介します。

高校生の歯列矯正

高校生で歯列矯正を行った患者さんの体験談・症例を詳しく紹介します。

大人の歯列矯正

大学生や成人になってからで歯列矯正を行った大人の患者さんの体験談・症例を詳しく紹介します。

PAGETOP